【フランス料理】ワインに合うグジェールを作る2つのポイント

オードブル

そもそも、グジェールとは?

シュークリームの皮にチーズを練り込んで焼いた物を指します

 

塩気があるので、アミューズ(おつまみ)なんかでよく使われます

ワインと一緒にいいですよね~?

 

お客様に出したら、「中にカスタードクリームを詰めてちょうだい」と言われましたよ(・д・)?

 

塩気と甘みが合うのかしら?と思いましたが、以外とあったので新しい発見でした笑

 

では、うまく作るポイント2つも含め進んでいきましょう!

 

スポンサーリンク

材料

牛乳                100g

バター               50g

塩                 2g

砂糖                3g

全卵                2個

薄力粉               60g

パルメザンチーズ          40g

 

作り方

1,牛乳、塩、砂糖を鍋に入れ沸かす

photo 吉岡

 

2,沸いたら火を止め、薄力粉を入れよく練る

3,弱火でこねる。ここでポイント1

生地が鍋底に薄い膜をはる位までしっかり水分を飛ばす

photo 吉岡

 

4,火からおろし、全卵を加え生地をのばしていく

photo 吉岡

 

5,ポイント2

生地の硬さは、すくってたれ落ちた時に逆三角形になればOK

photo 吉岡

 

6,鉄板にお好みの大きさに絞り角を卵の付いた指で整える

photo 吉岡

 

7,オーブン170度で15~20分焼く

photo 吉岡

キツネ色に焼ければできあがり

 

YouTube

https://youtu.be/7CSUCO4QQZ4

 

 

まとめ

焼き方をマスターすれば、デザートのシュークリームの生地も焼けるようになります!

水分を炊く事によって飛ばすのが膨らむポイントです

 

焼き上がったグジェールにカスタードクリームを詰めるとデザートになりますよ(^_^)

ワインにも合うので機会があれば是非!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました