【フランス料理】魚を誰でもしっとりさせる方法をプロがアレンジ

オードブル

魚を焼くとパサパサして美味しく出来ない・・

焼くのがとても苦手という方に今回はご紹介します

 

どういう方法かと始めにお伝えすると70度の温度を保ちながら火を入れることにより

火を入れすぎずに魚に火をいれます

ここで登場するのが、炊飯器です!

この、保温モードを使い超簡単に食べたことがないようなしっとりとした魚の食感をお楽しみ下さい(^_^)

 

スポンサーリンク

材料(二人前)

さわら(他の魚でもOK)         200g(1人前100g)

塩(魚の1%の塩)             2g

 

ナス                   1本

ニンニク                 2片

白葱                   1本

タイム                  2本

ディル                  2束

オリーブオイル              100g

 

大葉                   20枚

オリーブオイル              100g

 

作り方 

1,サワラに総量の1%の塩(2g)を全体になじませ常温で30分置く

(今回の美味しくするポイントの1つになります)

photo 吉岡

 

2,炊飯器に70度のお湯をたっぷり入れ保温しておく

3,白葱を細切りにして水にさらしておく(あく抜き)

photo 吉岡

 

4,大葉のソースを作る

大葉を荒切りにしてミキサーに入れオリーブオイルと塩少しいれピューレにする

5,ニンニクを潰して風味がオリーブオイルに移るようにしておく

ジブロック(袋)に魚・香草・ニンニクを入れ空気をなるべく抜きチャックをする

保温しておいたお湯につけ7分置く 超簡単(^_^)

photo 吉岡

photo 吉岡

 

6,ナスの皮を剥き、500wのレンジで3分

小口にカットする

photo 吉岡

 

7,魚を袋から取り出し、余分な油を拭き取る

photo 吉岡

 

皮目がぶよぶよしてるので、バーナーであぶってカリッとさせる

photo 吉岡

 

8,小口にカットしてお皿に盛る

photo 吉岡

 

YouTube

【フランス料理】魚を誰でもしっとりさせる方法をプロがアレンジ!
チャンネル名 chef Yoshiokaのフランス料理 このチャンネルでは、現役フランス料理のシェフが家庭でフランス料理に興味のある方やフランス料理を作ってみようと思っている方向けに解説しています。たまに「まかない編」ちがうジャンルの料理も紹介しています。 美味しそうと思ったり役に立ったという方は、是非グッド評価...

 

 

器具・材料


FUKAI ジュースミキサー ブルー FJM-601

 

 

まとめ

どうですか?超簡単にアレンジしてみました(^_^)

70度で火を入れることにより火を入れすぎるという失敗はなくなります

 

この調理法をコンフィや低温調理ともいいます

大葉を使い、さっぱりとした仕上げにしてあります

帆立貝や牡蠣などもこのやり方をすれば驚くほどのしっとりとしたお魚料理になりますよ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました